2008年07月07日

築10年未満のマンションを無料で補修できる方法

▼ 築10年未満のマンションを無料で補修できる方法


こんにちは。

情熱と誠実のアパート建築士、増山大です。


突然ですが

「築10年未満のマンションを無料で補修できる方法」

をあなたに格安で伝授します。




続きは編集後記で



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
        増山塾は、

 ◆アパートで人と人がより幸せな関係を築く◆

        を理念にした

 情熱をもった誠実なアパート投資家を養成する

     不動産専門のビジネススクールです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


※ 投資判断は、全て自己責任でお願いします。



■ 本日の特集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 なぜ? アネハ事件 が起こったか? 今もその温床は・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回から数回にわたって、アネハで世間を騒がせた

「建築構造=耐震偽装」の話をしたい。



これを語るには、あわせて「不動産・建設業界の裏のウラ」

も語ることになる。





正直、僕がこれを語っても儲からない。

あなたが、これを聞いても儲からない。

だから、時間がない人はここで閉じてもらって構わない。



「建築構造=耐震偽装」は

安全に関することだ。

命にかかわることだ。



そして大家業で儲かってハッピーになるためには、

あなたと顧客の命あってのことだ。



この考えに賛同いただける方は、ここから先を

注意深く読み進めてほしい。




▼なぜ、僕が今、「耐震偽装」こんな話をするのか?




もう、「耐震偽装」から何年もたつ。


僕は先日、わけあって「地上げビジネス」から手を引いた。

そして「建築構造」「マンション補修」のビジネスに取り組みはじめた。



じきに日本中で「建築構造」「マンション補修」が、

極めて大きな社会問題になることが火を見るより明らかだからだ。




▼ 目を覆いたくなるほど劣悪な労働環境・・・・



これらのうち「建築構造」は特に重要だ。

それを「ビジネス」として取り組みはじめた。

「ボランティア」では ない。

「建築構造」は命にかかわる。



だからこのビジネスのフィーは当然、高額だ。

医者が年収が高い のと同じだ。

弁護士のフィーが高い のと同じだ。



しかし、世の中の多くの「建築構造」を

専門に生業としている人のフィーは低い。



驚くほど低い。

多い人で 年収500万円 程度だ。




そして労働時間は超長い、過酷な労働環境だ。

そして今の若い人は「建築構造」専門家にならない。




なりたがるわけ、ないじゃん。

だから「建築構造」専門家の数は激減しているんだ。

これって、実は知られざる、深刻な状況なんだ。





▼ タタかれるのに慣れきった業界・・・



欧米では「建築構造」専門家の地位は、

弁護士と同等だ。

当然だと僕は思う。





ではなぜ、日本では

「建築構造」専門家の地位が低いのか?





理由はひとつ。

顧客が獲得できないからだ。






日本の「建築構造」専門家は自ら顧客が獲得できないんだ。

つまり彼らがやっているのはほとんど

下請(したうけ)の仕事なのだ。




多くの日本の「建築構造」専門家は

タタカれたフィーしか獲得できない人たちだ。




立ちあがって欲しいからあえて

過激な言い方をする。




▼ 今こそ、立ち上がれ!




しかし、立ち上がろうとしている「建築構造」専門家に

まだ僕は出会っていない。



だから私がその役割をやる。

僕は「建築構造」専門家ではないから、

彼らを前に出すべく、その旗振り役をやる。



話ががそれた。

日本の「建築構造」専門家は

タタカれたフィーしか獲得できない人たちだ。

これがアネハ事件が起きた理由だ。



ではなぜ、日本の建設業界はそのような構図になっているのか?

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・


今回はここまでにしよう。

次回は「日本の建設業界は未だに●●の文化!?」だ。



=追伸=

木造アパートを小予算で耐震性UPさせる方法はこちら



■ 本日の無料で得られる情報 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方で利回り20%超を成功させる方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたは

「地方は人口が激減しているから投資は危険」

と思っていないだろうか?



あるいは

「地方は修繕費がかさむから投資は危険」

と思っていないだろうか?



はたまた

「地方は空室率が高いので投資は危険」

と思っていないだろうか?


その答えはここに書いてある。





24ページの中身の濃いレポート。無料だ。

地方物件がなぜ危険でないか、

読みやすいくだけた文章だが、内容はとても理論的だ。

有料セミナーで聞けるような濃い内容となっている。
>> http://masuyamadai.com/tihou.html





=追伸=

このレポート筆者のセミナーは

告知後すぐ満席になるようだ。

なのでレポートはいつ、有料になるかわからない。

無料のうちにゲットだ。
>> http://masuyamadai.com/tihou.html





次回も僕の熱い思いを情熱をもって誠実に

あなたにお届けしたい!



【編集後記】

築10年未満のアパート・マンションをお持ちのあなたへ



無料もしくは格安で建物を補修できるチャンス!



「かし担保責任」


この言葉をあなたは知っているだろうか?



建物を販売した者、建物を建てた者には、

建物を取得した人にたいして、

構造躯体は10年間、

それ以外は1年または2年

補修もしくは損害賠償、または買い戻す責務がある。




これを「かし担保責任」という。



これをうまく活用して、あなたのマンションを

10年間は無料で補修できる可能性がある。



ただし、施工会社や担当者によって

うまくいく場合と行かない場合があるよ。



もしもあなたが、このチャンスを生かしたいなら、

あなたにこの方法を伝授するコンサルティングをしよう。




▼電話コンサル:5250円(20分 税込)

▼面談コンサル:21000円(1時間 税込)




売買契約書または請負契約書を用意して

いますぐ返信メールしよう!

info@masuyamadai.com


件名「10年未満マンションを無料で補修コンサル希望」

で、このメルマガに返信してね。


・お名前
・住所
・携帯電話
・築年数
・どこを補修したいか

を教えてほしい。

例の件で多忙なため、先着3名だ。


=追伸=

あくまでも「壊れたところ」の補修だ。

グレードアップはダメだよ。






posted by 増山塾ニュースレター at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。