2008年02月03日

「お客が本当に欲しがるもの」がわかる方法

カチッとクリック↓

情熱と誠実のアパート投資 ブログランキング 応援ヨロシク! 


久々のブログ更新です。

劇団四季CATSを見に行ってきました。
080203cats.jpg

娘と。



▼ 先週の金曜、ある出来事が・・・




先輩から電話があった。

電話の相手は「丸ちゃん」。

長年付き合いのあるアパート業界の14歳年上の先輩だ。




「丸ちゃん」は私がハウスメーカーに就職したとき出会った。

初めてのアパート設計チームの先輩だ。

それ以来、私は親しみを込めて「丸ちゃん」と呼んでいる。



「丸ちゃん」は私と2年間チームメイトだった後、

リフォーム部門やアフターメンテ部門へと移り、

やがて、リフォーム会社へ転職していった。

もう、20年もの付き合いになる。




▼ 生まれつきの「5時から男」




「丸ちゃん」はとても人付き合いがいい。

「丸ちゃん」は5時から男の代表だ。

「釣りバカのハマチャン」だ。

外見も似ている。



つりはやらないがゴルフと麻雀と酒が得意だ。

仕事もGM外交(ゴルフと麻雀外交)が得意だ。

私が社会人になって習ったアフターファイブは

全て「丸ちゃん」から教わった。




「丸ちゃん」はりフォーム会社へ転職後も、

GM会なる集まりを結成した。

GM会は年に1回、早朝から深夜まで交流を深める。

もちろん私もメンバーの一人だ。



(このGM会には「丸ちゃん」のボス「ヨッチャン」という

 大物もいる。「ヨッチャン」は建築設備の達人だ。

 「ヨッチャン」の話はまた別の機会にしたい。)



▼ 残念なことに・・・





しかし、最近ここ3年「丸ちゃん」はGM会を休止してしまった。

仕事、家庭の事情など、色々あったらしい。



GM外交は映画「釣りバカ」のようにはいかず、

何かと風当たりが強かったのかもしれない。



そんなこともあって、ここ3年は年に1回、

電話で話す程度のつきあいになっていた。



普通ならこれで関係が途切れていくのだろう。

電話もしなくなる。

多くの人は「なんで電話くれたの?」

という質問に答えるのが怖いからだ。



しかし、「丸ちゃん」は理由がなくても

「最近、どう?」と電話をくれる。



そして「お互い、年とったね〜」で電話は終わる。

そんな電話が先週の金曜日にあった。


▼ リフォーム業界の現実・・・




今「丸ちゃん」はりフォーム会社の定期巡回訪問の仕事をしているらしい。

初めて数ヶ月で4件リフォームのリピート注文をもらったらしい。



定期巡回は営業ではない。

建物定期点検をする仕事だ。

だから「たった4件」と言うが、普通はリピート注文など

1件ももらえない仕事だ。




「4件」はとてもスゴいことだ、と私は思う。

定期巡回は後ろ向きの仕事、と思いながらこなしている人が多い、

と聞く。


でも「丸ちゃん」は「4件」。



▼ 「4件」の秘訣は・・・


人は人のことを忘れる。

自分に忙しいからだ。




そんな時でも思い出して電話をくれるのが「丸ちゃん」。

それだけで私はうれしい。

誰でもうれしいはずだ。



ましてやかゆいところを見つけてくれて、かいてくれたら、

その人に悩みを話すのも無理はない。

だから「4件」なのだ。




きっと客先で「丸ちゃん」はそんな感じでお客さんと

コミュニケートしているに違いない。

そんな姿が目に浮かぶ。



▼この話を聞いて、あなたはどう思うだろうか?

入居者のことを忘れてはいないだろうか?




直接声がけでも、手紙でもいい。

掃除をして痕跡を残すだけでもいい。




「忘れていない」「覚えている」「気にかけている」

そんなメッセージを人は待っている。

多くの人は「あなたを忘れていない」

そういってもらえるのを待っているのだ。



▼「あなたを気に掛けている。」



これが心をつかむ究極のメッセージ。

もちろん お客 にたいしても、だ。



あなたのアパート入居者は、今何がイチバン気がかりだろうか?

今何をイチバン心配しているだろうかか?

それをあなたは知っているだろうか?



その心配事を事前に解決してあげられたら、

入居者にどう思われるだろうか?

イメージして欲しい。




▼ ファン感謝デー・・・


   

間違いなく、あなたのファン、お得意様になる。

そうすれば、引っ越さない。

長くずっと住んでいたい、っておもうはず。





たとえば、若い女性入居者は今イチバンの心配事は
コレらしい。








都心のカフェにて カフェラテを飲みながら


                 




追伸

あなたが ★若い女性入居者の心配事★ をかなえたかったら

しかも! ★小予算★ でかなえてあげたかったら、

いますぐこちらを見てみよう!
posted by 増山塾ニュースレター at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82173431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。