2008年04月11日

えっ?! 親の財産で金持ちになる?!

「投資の王道」の白岩さんから電話があった。

そして・・・・やはり・・・飲みに行くことになった 笑。



その宴席で。



白「そういえば増山さん、私また本を出すんですよ。」

私「へえー、またですかー良く書けますねー。」

白「へへへ。今度の本は、タイトルがいいんですよー。」



発売前の刷り上ったばかりの本を見せてもらった。


タイトルは

「親の家」でお金持ちになる方法

実に簡潔にわかりやす〜く、ノウハウが書いてある。

私はイッキに読み終えてしまった。

濃い内容でもわかりやすいのでイッキに読めたのだ。


どんなノウハウか?

内容のホンの一部をご紹介すると・・・

・なぜ、「親の家」でお金持ちになれるのか?

・基本中の基本「自宅を持たない方がキャッシュがたまる」理由とは?

・「親の家」を活用して成功している10の実例とは?

・「親の家」が崩壊寸前の公的年金の対策になる理由とは?

・「親の家」を相続に活用する方法とは?

・2007突然始まった「値上げの秋」が真に意味するものとは?

・実は怖い●●●●。●●●●を防衛するには不動産!

・知らないところで●●●●が進行している理由とは?

・高齢化社会で怖いものの一つ「介護貧乏」とは?

・「介護貧乏」を防ぐためにアパート投資がよい理由とは?

・「親の家」を自宅併用アパートにするのが良い理由とは?

・自宅併用アパート「●●は質素に▲▲は豪華に」

・「親の家」を2世帯住宅にするときのキモとは?

・2世帯住宅ならではの「奇妙な間取り」が命取りになる理由とは?

・「それでも2世帯住宅」にする際の注意点とは?

・木造アパートで遮音性を高くする具体的な方法とは?



これだけの内容。


いやいや、まだまだあるのである。


・大手メガバンク担当者に聞く「アパートローンの年齢制限とは?」

・大手メガバンク担当者に聞く「アパートローンの融資限度額は?」

・某信託銀行担当者に聞く「ノンリコースローンのキモとは?」

・某信託銀行担当者に聞く「貸す、貸さない?その分かれ目とは?」

・某信託銀行担当者に聞く「ローンの最近の申込者の傾向とは?」

・某信託銀行担当者に聞く「借地を買う際、このタイミングを見逃すな!」

・某信託銀行担当者に聞く「こちらのマイナス事情を公開すべきか?否か?」

・王道チーム仲介担当に聞く「手間のかからないアパートの貸し方とは?」

・王道チーム仲介担当に聞く「手間のかからないアパートの管理の仕方とは?」

・王道チーム仲介担当に聞く「自宅併用アパート、貸しやすいか?貸しにくいか?」

・王道チーム仲介担当に聞く「自宅併用アパート、入居者への接し方とは?」

・王道チーム仲介担当に聞く「定期借家契約は普及しているか?いないか?」

・王道チーム仲介担当に聞く「信頼できる仲介会社を見分けるポイントとは?」

・王道チーム仲介担当に聞く「複数の客付会社に大家自ら客付け依頼すべきか否か?」

・王道チーム税理士に聞く「相続でのトラブルの傾向とは?」

・王道チーム税理士に聞く「自宅併用アパートとアパート、相続で有利なのはどちらか?」

・王道チーム税理士に聞く「法人化の目安とは?」

・王道チーム税理士に聞く「最も重要な相続のポイントとは?」

・王道チーム税理士に聞く「上手な遺産分割の方法、●●とは?」

・王道チーム税理士に聞く「相続が発生したら土地を売って老後の費用に当てる」
 という発想が危険な理由とは?

・王道チームFPに聞く「生命保険で相続対策が出来る仕組みとは?」


どうだろうか。

内容はかなり具体的だ。

私がいたハウスメーカーの営業マンも、似たようなことは言っている。



でもハウスメーカーの営業マンのトークより

この本のほうが、明らかにわかりやすい。

なぜだろう?





う〜ん・・・


・・・・わかった!






ハウスメーカーは「2世帯住宅」「自宅」が主役。

白岩さんは本の中で「アパート」「事業」が主役。

スパッとこう言い切っている。



スタンスが違うんだ。




これには私も同感。

あの天下の不動産投資集団、三●不動産がそうだからである。

三●不動産は「自社ビルより貸しビル」。

先ごろ三●不動産が手がけた不動産開発一大プロジェクト「日本橋・三井本館」は

三●不動産の本拠地。



しかし、「日本橋・三井本館」に三●不動産は入居していない。

近くの古いビルに入居しているのだ。

つまり一等地は商売に。自宅はその次。

我々庶民アパート投資家も「自宅よりアパート」、なのだ。


一等地に「親の家」があるあなたも、そうでないあなたも、

いずれもためになるノウハウがあるこの本、

「親の家」でお金持ちになる方法

を今すぐ、購入してみよう!

「親の家」でお金持ちになる方法。―親の持ち家、自宅があれば誰でもできる投資術
posted by 増山塾ニュースレター at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93025331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。